フィナステリドの効果と副作用

フィナステリドの効果や副作用について紹介します

フィナステリドの効果と副作用を解説します

フィナステリドはプロペシアという薬に含まれている成分で、AGA(男性型脱毛症)の治療で使用されています。

「お医者さんに相談だ」というフレーズでおなじみのCMもプロペシアを製造販売しているMSD社によるプロモーションで、発売当初は初めての飲む毛生え薬として大変話題となりました。

継続して服用する必要があり、現在でも多くの利用者がいますが、含まれている成分の効果や副作用はいかがなものなのでしょうか。

本当に毛が生えてくるのか?、副作用で危険なものはないのか?、など、気になる内容について解説していきます。

フィナステリドの薄毛治療の効果

まずはフィナステリドの効果や作用について解説します。

フィナステリドは男性専用の薬

まず、このフィナステリドは薄毛の治療薬として知られていますが、対象はAGAという男性脱毛症のみが対象となります。

そのため女性には効果はなく、またフィナステリドの作用から女性がこの成分を摂取すると様々な危険があると言われています。

そのため、フィナステリドを含む薬は全て、女性は使用禁忌で、妊婦の場合は触ることもNGなのです。

フィナステリドの働きはAGAの進行を食い止めるもの

フィナステリドの基本的な作用としては、AGAの原因となっている体内の物質に働きかけ、原因を取り除くようなものになります。

これは髪の毛を生やす効果があるのではなく、特定の薄毛(AGA)の原因を取り除く働きがあるということですので、この違いをよく理解しておく必要があります。

なぜなら、もしあなたがAGA以外の理由で薄毛が進行しているとしたら、いくらこのフィナステリドを服用したとしても、髪の毛がフサフサになることはないからです。

フィナステリドを利用する場合は、必ず自身がAGAであることを確認する必要があります。

確認の仕方については、以降の章で紹介をしてます。

フィナステリドが働きかけるのは5アルファリダクターゼという物質

少し詳細を解説すると、フィナステリドが体内で働きかけるのは5アルファリダクターゼという物質です。

この物質は、AGAを増長する原因となっているので、これをブロックすることができれば、AGAの進行を食い止めることが可能なのです。

具体的なAGAの原因は、悪性の男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」です。

この悪性の男性ホルモンは、体内で通常の男性ホルモン「テストステロン」と5アルファリダクターゼという物質が一緒になって生成されます。

5アルファリダクターゼという物質には、このテストステロンをジヒドロテストステロンに変化させる働きがあるのです。

AGAはこのジヒドロテストステロンが増えると発症しますから、5アルファリダクターゼの働きをとめ、ジヒドロテストステロンの生成を抑えることができれば、AGAは進行しくなる、あるいは薄毛が目立たない程度の影響となるのです。

フィナステリドがAGAを治療することができるのは、上記のようなAGAの原因に対して、ピンポイントで原因物質に働きかけるからなのです。

持って生まれた髪の毛の成長力が最終的な発毛の決め手

働きを見るとわかりますが、フィナステリドには髪の毛の発毛を促進する効果はありません。

仮にフィナステリドでAGAの原因をブロックできたとしても、髪の毛が生えるのかどうかは自身の髪の毛の成長力に掛かっているのです。

本来は、ほとんどの人が自身の髪の毛を成長させる力を生まれながらに持っています。

AGAはこの持って生まれた発毛力をジヒドロテストステロンが阻害し、薄毛を進行させる脱毛症です。

そのためジヒドロテストステロンの減らせば、必然的に髪の毛は生えてくると考えて問題はありません。

しかし、期待している量の髪の毛が生えてくるのかというと、それはどうかわかりません。

期待しているほど髪の毛が生えてこない例としては、下記のような例が挙げられます。

1.かなり高齢(例えば60歳以上)である

年を取るごとに髪の毛の成長力は弱まってしまいます。

そのため、かなり高齢な状態からこのAGAの原因をブロックするフィナステリドを服用したとしても、髪の毛の成長力が弱く、思ったほど毛が生えてこないことがあります。

2.AGA以外の複合的な要因で薄毛が進行している

AGA以外にも、薄毛の原因はいくつかあると言われています。

現段階でははっきりと解明されていませんが、AGAだけでなく他の要因で薄毛になっていた場合は、たとえフィナステリドを服用しても思ったほど改善しない可能性はあります。

このような状況の場合は、いくらフィナステリドを服用したとしても、満足な効果が得られない可能性がありますので、注意が必要です。

フィナステリドはこんな人に効果があります

フィナステリドはAGAに効きますので、AGAの症状を理解して、自身がAGAかどうか判断できれば、あらかじめどれぐらい効果がでるのか推測することは可能です。

AGAの特徴は以下の通りです。(これ以外にもいくつか特徴があります)

1.頭頂部の薄毛が進行する(カッパみたいな薄毛になることです)
2.生え際が後退する(程度の問題もありますが、誤認する人も多いので、生え際以外と合わせてチェックするとよいでしょう)
3.上記部位の髪の毛が細く柔らかい
4.20代前半や、それ以降から薄毛が進行している

よくAGAと勘違いするのは、元々の体質と進行している症状をうまく見分けられない場合です。

髪の毛が生えている面積が全体的に少なかったり、髪の毛が元々柔らかい人も沢山いますので、髪の毛が柔らかかったりおでこが少し広いぐらいでは、AGAとは言い切れません。

むしろ先に心の中で気にしてしまっているところからよりネガティブに見てしまい、AGAどころか薄毛でもないのに、自分ははげていると勘違いする人も多いです。

本当にAGAかどうか確認するには、やはり過去としっかり比較をして、そのうえで上記の項目を複合的に掛け合わせて判断しましょう。

最も典型的なAGAは20代前半頃から突然抜け毛が増え、気がついたら生え際の後退と頭頂部の髪の密度が減り、産毛のようなものが沢山生えてきている人です。

年を取ると髪の毛が減るのは普通のことですが、20代前半のようなあまりにも早期で薄毛が進行すると、これはAGAの可能性が高いです。

薄毛の進行部位をしっかりと確認した上で、判断するようにしましょう。

フィナステリドが持つ副作用

フィナステリドを検討するときに気にしてしまうのは、副作用です。

薄毛の悩みは深いとはいえ、死ぬ訳でもないのに薬を口から飲むことに、多少抵抗を感じます。

まして副作用が出てしまうと、髪の毛を得る変わりに失うものも多いです。

気をつけて飲むほかありませんが、代表的な副作用や頻度などを下記で紹介しますので、注意して見ておくようにしましょう。

性欲減退、勃起不全など性機能の低下

よく噂される性機能の低下ですが、これは起こりえます。

フィナステリドの副作用として医療従事者向けの取り扱い説明書のようなものにも記載されています。

頻度としては以下のようになっています。

性欲減退(1~5%程度)
勃起不全(1%以下)

上記は2年継続して服用した結果となります。

長く服用すればするほど、副作用の発症のリスクは高まるので注意が必要です。

しかし一般的な薬の副作用の観点で見ると、この1~5%程度の副作用発症率というのは、決して高くはありません。

どの薬にも副作用はあり、上記のような頻度で出てくることが多いので、特筆して気にする必要はないと言えるでしょう。

初期脱毛という特殊な脱毛症状

フィナステリドに限らず、あらゆる薄毛の治療成分で、この初期脱毛という症状が現れます。

おおよそ服用してから1、2週間程度で症状が出てき始めて、1ヶ月を超えたぐらいから治まります。

個人差が強いのでどれぐらい抜けるかを伝えるのは難しいですが、まず服用前と比べて抜ける量は増える可能性が高いです。

そのため、服用前より更に抜け毛が進行した状態になってしまう可能性があります。

目に見えるほど差が出るかどうかは人それぞれですが、もっとも抜けるタイプの人では、かなりの量が抜けます。

シャンプーをすると手にごっそり髪の毛がついてしまい、非常に驚いて不安になる方も多いです。

また半月ぐらいは継続することになるので、この期間に我慢ができず服用を止めてしまう人も少なくありません。

しかし初期脱毛は、薬が効いている証拠ですので、怖がらず服用を続けることが重要です。

なぜ初期脱毛が起こるかは、諸説あります。

フィナステリド以外の薄毛治療でも起こる副作用なので、薬の作用ではなく、髪の毛の成長の一連のサイクルが関わっているという見方が強いです。

髪の毛は、生まれてから成長して、しっかりと太くなって頭に根付いて、最後に抜けていく、という一連のサイクルを持っています。

この一連のサイクルを途中で阻害し、髪の毛がしっかりと太くなる前に抜けるように悪い意味で働きかけるのがAGAです。

そのため、AGAになっている状態で生えてきた髪の毛は、将来の成長が見込めず、途中で成長を止めてしまうと考えられます。

AGAの原因をブロックした際、このような成長が見込めない毛をすぐに脱毛させてしまい、新しい髪の毛を優先して生やしていくような動きが出てくる可能性があるのです。

そのため、成長が見込めない毛は、AGAの原因をブロックすると一気に抜けてしまい、そこにはAGAではない最後まで成長できる毛がバトンタッチして生えてくることになるのです。

髪の毛が成長して十分太く長くなるには、3ヶ月から半年ぐらいは掛かると言われていますから、初期脱毛で古い髪の毛を全部先に取ってしまっても後の髪の毛が成長して追いつくのに少し時間がかかり、その間の期間は多少薄毛が進行した状態になってしまうという訳です。

上記はあくまでの仮説で、まだ研究によって明らかにされていないので、はっきりとは分かっていません。

しかし、初期脱毛はよく起きる症状の一つですので、よく理解してフィナステリドを使用するようにしましょう。

非常に稀に起こる腎臓や肝臓への重篤な副作用について

非常に稀なのですが、フィナステリドの服用によって腎臓や肝臓への重篤な副作用が出た、という報告もあります。

上記の性欲減退などと比べると本当に稀なものなのですが、確かにこのような副作用がでることは考えられなくもありません。

理由としては、フィナステリドに限らず、薬の成分の多くは腎臓や肝臓で代謝をするからです。

腎臓や肝臓で代謝をする際に、なんらかのかたちで強い負担がかかったり、意図しない働きや組み合わせてはいけないものなどが同時に代謝されたりすると、このような重篤な副作用を引き起こす可能性は考えられなくもありません。

しかし、この副作用はおおよそ全ての薬につきまとうものですので、風邪薬を気にせず飲めるのであれば、本来は気にしなくてもよい副作用と言えます。

唯一気にするとすると、AGAは進行型なので、フィナステリドによる治療では、半永久的な継続服用が必要となってきます。

服用期間が長ければ副作用の発症リスクは高まりますので、その分注意が必要と言えるでしょう。

しっかりと医師の言うことを聞き、定期的な検査をしておくことが大切といえるでしょう。

フィナステリドが含まれている薬について

フィナステリドは、プロペシアに含まれていますが、現在では更に様々なジェネリックという後発医薬品が登場しています。

そのため、プロペシア以外でもフィナステリドの含まれた薬が沢山あるのです。

下記にフィナステリドが入っている薬の例を紹介しておきます。

  • プロペシア
  • 国内承認済みのプロペシアジェネリック(ファイザー社のフィナステリド錠)
  • 海外のプロペシアジェネリック(大人気のフィンペシアなど)
  • プロスカー(全く同じ成分で、前立腺肥大症に使われる薬)
  • プロスカーのジェネリック(海外製のみで、フィンカーなどの名前で販売されています)

日本では現在、ファイザー社が製造するフィナステリド錠というジェネリックのみが承認されていますが、1ヶ月で5000円程度となっています。

プロペシアで1ヶ月7000円以上していましたので、少し安くなったのは間違いありません。

しかし、海外で流通しているプロペシアジェネリックを購入すれば、実はかなり安く購入することができます。

薬の個人輸入は、現在は決められた量であれば、処方箋なしで購入可能とされているのです。

購入は特に難しくなく、通販サイトでの購入とほとんど変わりません。

基本は海外事業者からの購入ですが、サイトも日本語で作られています。

プロペシアジェネリックは沢山の種類が揃っていますので、一度除いてみると良いかもしれません。

気をつけるべきことは、海外事業者からの購入の場合は、日本の消費者庁が定めるルールが適用されず、万が一偽物を売られたり、商品が届かない場合は、泣き寝入りになってしまうことが多いということです。

サイトの見た目は医薬品の通販サイトのような立て付けになっていますので、運営元や利用規約などを探して、そこからしっかりとした業者かどうかチェックをして購入するようにしましょう。

2016/09/26